Home 刊行物
刊行物

センターの広報活動

大学教育機能開発総合研究センターは、次のような目的のもと、設置されました。

  • 熊本大学の教養教育を含む大学教育について調査、研究及び開発を行う。
  • 教養教育の実施に関し教養教育実施機構と有機的に連携してその役割を果たす。
  • 上記のような活動を通じて、本学の教育活動の充実発展に寄与する。

大学教育年報

18.jpg

大学教育研究センターの1年間の活動報告を行い、全学の教官に「教養教育を全学で担う」ことの意識の涵養と、「教育」に関する優れた実践や先駆的な研究を紹介して、個々の教官の教育実践に寄与することを目的として作成されています。

本誌が、各学部と大学教育研究センター、専門教育と教養教育、そして、研究と教育をつなぐことの一助となれば幸いです。

【主な内容】
(1) 教育研究 : 一般教育を含む大学教育に関する研究論文、調査報告、授業紹介
(2) 活動報告 : センター教育部、研究部、教科集団の報告

【最新号目次】

第18号:全文ダウンロード

【巻頭言】

●授業改善や教育改革に関わって(山尾敏孝)

【教育研究論文】

●アクティブラーニングと授業のパラダイムシフト(木野茂)

【実践報告】

●ビデオ教材を活用した授業外学修促進の試み(安浪誠祐・合田美子)

●ライティング科目の連動による授業効果

-「レポート作成の基本」から「アカデミック・ライティング(1)」へ-(渡邊淳子)

●教職実践演習カリキュラム汎用の可能性を考える-教育現場と大学病院を垣間見て-(上田理恵子)

●授業外の自律的な学習を取り入れた英語リスニング指導(折田充・菅岡強司)

【調査報告】

●地域志向型科目の開発(本間里見・内山忠)

【大学教育機能開発総合研究センター報告】

●大学教育機能開発総合研究センター活動報告

【教養教育体制】

●熊本大学教養教育体制機構図

●2014年度教養教育機構委員会委員名簿

●2014年度教養教育教務委員会科目群専門部会一覧

●2014年度教科集団構成一覧

【編集後記】

センターニュース

大学教育機能開発総合センターニューズレター(2015.3 No.8)

<CONTENTS>

01 平成26年度の活動について

02 21世紀型大学教育セミナーおよび各種研修の実施報告

03 センター情報

 

『大学での英語の学び方-ノウハウとアドバイス』

大学教育機能開発総合センターでは、既修外国語(英語)教科集団の

協力を得て作成しました『大学での英語の学び方-ノウハウとアドバイス』を1.jpg

2012年度より刊行し、新入生に配布しています。

 【主な内容】

<ノウハウ編>

1.2つの大切なこと

2.できるようになりたい英語と求められる英語

3.学び続けるコツ

4.学び方のノウハウ

<アドバイス編>

5.先輩から

6.英語教師から 

FD研究会報告書

KU:TO内ライブラリにあります。
学内専用です。

 
ページ先頭